WordPressサイトを安全に移転させます

ドメイン?よくわからないしということで、最初はサーバーであらかじめ用意されていたサブドメインで運用を始めることが多いWordpressのサイト。特に無料のブログサービスから移行される方にとってはドメインという言葉はちょっとなじみがないかもしれませんね。

まずはこれらの違いやメリット・デメリットについてお話した上で、移転サービスについて紹介させていただきます。

ドメイン・サブドメインって何?

インターネット上に表示されるものはすべてIPアドレスという数字で管理されています。でもそんなの意識したことありませんよね?アドレスバーに数字を打ち込んだこともないですし・・・。

実はこの数字はDNSという仕組みによって文字に変換されています。簡単にいうとabc.comというアドレスは元々12345という番号がついていて、本来は12345とアドレスバーに打ち込むことで表示されるものをabc.comと打ち込んでも表示されるようにしようという機能です。

簡単に12345と書きましたが本当の番号はもっと複雑で番号が覚えにくいので文字で打ち込んでもそこへ到達できるようになっているのです。

原則ドメインは12345だったらabc.comの内容を表示しなさいというように1対1で設定されています。

そこで、同じ12345という番号でもa.abc.comやb.abc.comというようにサブネームを付けても接続できるようにしよう!!というのがサブドメインという仕組みになります。

サーバーにもよりますが、サブドメインは原則無制限に使用できます。つまりホームページで言えばabc.comの中にたくさんのサイトを作ることができます。これを利用しているのが無料のサブドメインになります。

ドメインは誰かがドメインを管理する会社から名前を借りて運用するもので、サーバーが契約しているドメインもあれば、自身で契約しているドメインもあります。後者を独自ドメインと読んだりします。何か聞いたことありますよね??

前者のレンタルサーバーが契約しているドメインは文字通りレンタルサーバーが所有しているもの。これに先ほど説明したサブドメインを付けたものをサーバーを借りてくれた人に無料で提供しているのです。

移転や独自ドメイン化のメリット・デメリット

独自ドメイン化のメリット・デメリット

上の説明でメリット・デメリットについてピンときた方もいると思います。

無料提供されるサブドメインはレンタルサーバー会社が契約しているドメインの一部、つまりそのサーバーと契約し続けている間は使えるけど、契約を解除したら使えなくなります。

ご自身で判断して契約/契約解除を行う場合は仕方ないなぁとあきらめられますが、もしもそのサーバー会社が倒産したり廃業したりしたどうなるのでしょう??意思とは関係なくせっかく作ったサイトはインターネット上から消える・・ということになります。

それを防ぐためにご自身でドメインの管理会社と契約し、年間管理料を支払ってサーバーとは関係のないドメイン(独自ドメイン)を取得して運営するのです。

ドメインには「歴史」と「そのドメインでどんなジャンルのサイトが運営されていたか」という履歴があります。これは検索エンジンの内部で情報として管理されています。サイトの内容も重要ですが、より歴史が長く、より同一ジャンルで長く運営されているドメインは優良なドメインと判断される傾向があり、検索順位の決定に有利に働くと言われています。

これが何を意味するのかというと、サーバーが提供しているサブドメインはそのサーバーが開設したときに作られたドメイン、つまり歴史は結構長いです。サブドメインに関しては作られたり削除されたりすることがあるので単純にジャンルの指定はできませんが、ドメイン自体はレンタルサーバーの提供を長く行っているということで検索順位の決定に有利に働くことがあります。

一方新しく契約する独自ドメインはというと、契約時点がゼロ歳になります。つまり歴史はゼロということになります。つまりサーバー提供のサブドメインと比較すると検索順位の決定には不利に働くことがあるということです。

ただ長い目で見ると、ご自身で管理料を払い続けている間はどんどん歴史が積み重なっていくわけですし、そのドメインをどのサーバーで使うかという選択もできるようになるわけですから、なるべく早いうちに独自ドメイン化をした方がいい!という結論になるのです。

昔と比べドメイン管理料は年間ウン千円と圧倒的に安くなっていますから、サイトを作るなら最初から独自ドメインで運営することをお勧めします。

※サブドメインから独自ドメインにすることで検索エンジンから見た歴史はゼロとなるわけですから、どんなに対策を講じても今まで通りのアクセス数に戻るまで(サイトが以前のように評価されるまで)には時間がかかりますから、長くサブドメインで運用していたサイトを独自ドメインにする場合には覚悟を決めて行う必要があります。

サブドメインで運用しているサイトを環境はそのままで独自ドメインにするサービスを提供しているレンタルサーバーもありますが、基本的にサーバーの仕様が変わるわけではない割にサーバーレンタル料は割高な傾向となる場合が多いですから、独自ドメインにするならサーバーについてもどうするかを同時に考えた方がいいでしょう。

サーバー移転のメリット・デメリット

ここまでの説明で、独自ドメインで運営しているサイトであればどこのサーバーでもサイトを運営できることは理解できたと思います。

サーバーは一般的に1つのサーバー機器をいくつかの契約者でシェアする形になっています。同じ性能のサーバーなら単純にこのシェア数が少ない程高額なレンタル料となります。

また、同じシェア数であってもたまたま規模の大きいサイトとの同居となっている場合やすごくアクセス数の多いサイトとのシェアとなっている場合にはサーバーに負荷がかかっている分サイトの表示速度が遅くなったりつながらなくなったりすることもあります。

こればかりは契約のタイミングや契約後の空きスペースに誰の契約が追加されるかといったどうしようもない要素ですから時の運だと言えます。

※実際に使用経験のある方のサーバー評価がバラバラなのは紹介する人が入ったサーバーによるものですからそれだけで判断するのは危険ですから参考程度に読むようにしましょう。

そこでサイトの表示速度が遅かったり、うまく動作しないときの特効薬がより性能の良いサーバーを持ち、よりシェア数の少ないサーバーへの切り替え。シェア数について公開しているレンタルサーバー会社はほとんどありませんから、サーバーの性能を開示していて、より社歴の長いところが安全でしょう。

ただし、前述したように時の運的要素が強いですから、移転して改善する場合もあれば逆に・・・ということもありますので慎重に検討するようにしましょう。

サイト移転(引っ越し)

WordPressはサーバー内のファイルやフォルダにあるプログラムからデータベースというデータの格納場所にある情報を引っ張り出して表示する仕組みになっています。

簡単に言うとサイトの引っ越しはこの2つを新しいサーバーへ移転する作業になります。

サイトの移転は特に知識は必要ありません。管理画面から投稿などのコンテンツをエクスポートして、新しいサーバーで立ち上げたサイトにインポートし、旧サイトのテーマやプラグインを新たにインストールして同じ設定をすれば基本的には引っ越し完了です。でも、アップロードした画像が新サイトにうまくインポートできなかったり、記事数が多くてインポートできなかったり、設定が違ってて前のようにならなかったり・・・と完全複製するのは至難の業ですし、何より面倒ですよね?

しかもそこにドメインの変更なんてのが加わったら・・・ますます混乱・・・でしょう。

比べてここで紹介するサイト移転サービスは前述したようにデータやファイルを丸ごと引っ越しますのでほぼ100%元の状態のまま新サーバーへの引っ越しができるのです。

もちろん同じドメインで別のサーバーへの引っ越し、新しく契約したドメインで別のサーバーへの引っ越しなど様々な要望をお聞きして対応しますのでまずはご相談ください。

サーバー移転・独自ドメインの適用など

WordPressのサイトを他のサーバーへ移転させたい、今までサーバーのサブドメインで運営していたサイトを独自ドメインに切り替えたいなど、サイトとサーバー・ドメインの関係を変えたい場合に作業の代行をさせていただきます。

対応料金:5,000円~

このサービスについてココナラで詳しく見る>>

よくある質問

このサービスを検討される方から寄せられる質問集です

Q Wordpressであればどんなサイトでも移転できますか?
 お使いのサーバーによってはお受けしかねる場合がありますので事前に確認をさせていただきます。
Q 独自ドメインに変更したらアクセス数がアップしますか?
 今までのサブドメインとは別サイトとして認識されますのでアクセス数は必ず減少します。

お客様側でGoogle Search Consoleでのサイト移転処理を行っていただくことで減少を最小限にできますが影響は残ります

また、旧サイト(旧ドメインのサイト)を残す場合には新サイトへのリダイレクト処理をさせていただきますので旧サイトへアクセスされたものは新サイトで表示されることになり、これもアクセスダウン対策とはなりますが、こちらを行ったとしてもアクセス数に影響はあります。

Q サイトの設定は完全に移行できますか?
 理論上では丸ごとサイトをコピーするので完全に移行できますが、注意事項にも書かせていただいた通り、ライセンスのあるものや独自の設定があるものについてはお客様ご自身で再設定していただく必要があります
Q サーバーの契約やドメイン取得の代行はしてもらえますか?
 こちらについてはお客様ご自身で契約していただく必要があります

ご利用いただいたお客様の感想

ココナラで実際に対応させていただいたお客様から寄せられた感想です

リピートにて相談させていただきました
今回も、迅速かつご丁寧な対応に心から感謝しております。

今後も、ワードプレスなどで分からないことがあった時は
相談させていただきたいと思いますので
その時はどうぞ宜しくお願いします!