シンプルイズベスト?なベーシックテーマ【ha-Basic】

WordPressでのサイト作りを始めて十数年?ついにオリジナルテーマを作成しました。

今まで数々のテーマやプラグインを使用・検証・紹介してきた【ひまあーと】がサイト作りに必要であろうという機能のみを搭載したシンプルなテーマです。

もちろんこのサイトも【ha-Basic】を使っています。

【ha-basic】の制作にあたって参考にさせていただいたページ、制作過程に興味のある方は

をご覧ください(途中までの開発工程を紹介しています)

【ha-Basic】テーマのコンセプト

WordPressには有料・無料問わず星の数ほどのテーマが配布・販売されています。どれもこれも高機能で、設定しやすくて、SEOにも強くて(これについては私的に疑問を覚えますが・・)、非常に有用なものが本当に多数リリースされています。私もそれを利用させていただく一人でした。

でもある程度サイト作りが進んで、気が付いてみると、

  • ほとんどの機能は使っていない
  • 色や項目などの変更は最初の設定依頼使ってない
  • そもそも自分でデザインや機能の追加・設定はできるので、必要ないものが多い

そんな風に思うことありませんか??そして前述していたようにSEOに強いと言いながら一向にアクセス数は上がらない・・。

いきなり余談ですが、一番有効なSEO対策はテーマでもキーワードでもなく、ご自身の作成する記事の内容なんです。だから、いくらSEOに強いテーマを使っても肝心の内容が陳腐であれば無駄?逆を言えばSEOに強いという表現は私からしたら大間違いだと思っています。テーマにできることは検索エンジンが必要としているデータを出力できているか?それに尽きるからです。もちろんこの【ha-Basic】も必要な情報は出力するようにしています。が、決してSEOに強いテーマではありません(理由は前述した通りです)。

もしも何も努力しないで検索順位がガンガン上がるようなテーマをお望みであればこのテーマは使わないでください。責任持てませんから(笑)。

毎度のごとく話が脱線しました。

今回配布する【ha-Basic】テーマの開発コンセプトは

  • 無駄なものや必要に応じて後から追加できるものは徹底的に排除すること
  • 一度設定したらもう見ないと思われる事柄は便利にする必要がないこと

から恩恵を受けるサイト表示を速くすること、これに尽きます。

表示速度はサーバーの性能や同時アクセス数が大きく影響しますので何ともいえないところでもあります。が、ページを表示するためのWordpressの動作を少なくすることでサーバーへの負担が減り、アクセス数が増えてもある程度速度が安定する=総合的に見て速度が速いサイトができる、そんなテーマを目指して開発しました。

もしも検索経由などでこのページやサイト内の記事をご覧になってあまり効果的でないと感じた方には向いていないテーマかも知れませんから使っていただかなくても結構です。

ここまでお読みになって
「なんだ 全然やる気のないテーマだなぁ」
とか
「本当に配布して広めていく気があるの?」
と思われることでしょう。その通りです。

私はこのテーマをベースに将来有料化して稼ごう!とか、たくさんの人に使ってもらおう!という目的は全くありません。単純にこれからテーマカスタマイズをしてみたいと思われる方のベーステーマとして活用いただければと思いって配布しているだけです。そんな目的に共感できる方のみ使ってみいただきたいと思います。

とはいえ基本的な機能は備わっていますので、以下の特徴をお読みになり、導入をご検討いただければと思います。

※このページの掲載内容は2019年5月9日現在のものです。情報が古い場合もありますのでご注意ください

【ha-Basic】テーマの動作環境

テーマの制作は以下の環境で行っています。お使いの環境によっては動作しない可能性がありますのでご了承の上インストールください。

  • 開発・検証を行っているサーバー:カラフルボックス
  • WordPressバージョン:5.1.0
  • PHPバージョン:7.2.7
  • データベース:MariaDB 10.2.x

【ha-Basic】テーマの特徴・備わっている機能など

これがどのテーマにも共通する機能なのか、はたまた独自の機能なのかが分かりませんので、このテーマでできることを思いつくままに列記していきます。

【ha-Basic】テーマでできること

  1. 基本的に子テーマが必要ない設計
  2. 子テーマを使用する理由は親テーマにアップデートがあっても上書きされないことというのは皆さんご存知かと思います。それでは例えばヘッダー内の内容を変えたくて子テーマに「header.php」をコピーして編集した後、親テーマのアップデートで「header.php」の内容が大幅に刷新されたらどうしますか??結局コードとにらめっこして作り直しになります。

    子テーマに最低限必要なのは

    • テーマの機能制御ができる「functions.php」
    • 表示デザインの上書きができる「style.css」

    の2つ。それから、ヘッダーやフッターにコードを挿入できるものがあれば充分だと思います。

    そして何より親テーマのfunctions.phpやstyle.cssへ変更したらサイトの表示がおかしくなった・・・というトラブルを回避することも大事な目的でしょう。

    【ha-Basic】テーマではあらかじめ

    • 「functions.php」へ割り込ませて機能させる独自のファイル
    • 「style.css」よりも優先的に適用される独自のファイル
    • 「header.php」「footer.php」の中へコードを割り込み表示させるための独自ファイル

    が備わっていますので、ご自身で追加されるものはそれぞれのファイルの中へ入れればOK、テーマの更新についてはこれらをバックアップして後から上書きすればOKという形にしています。

    ですから特に子テーマを使用いただく必要はありません。

    ※上記以外のファイルを編集した場合にはこの限りではありません

  3. トップページヘッダーには視差効果のある画像を表示
  4. 海外テーマでよく使われる視差効果のある画像、スクロールすると画像が動いて見えるというアレです。実際の表示領域よりも大きめの画像を設定すれば視差効果が得られるようにしています(百聞は一見に如かずですのでトップページを見てみてください)

    ちょこっとカスタマイズ 画像をスライダーに変えるには
    こちらの解説記事の手順に従ってカスタマイズしていただくことで、視差効果ののある単一の画像ではなく複数の画像を切り替え表示する「スライダー」にすることができます。より個性を出したい方におすすめのカスタマイズです。
  5. ウィジェットエリア
  6. サイドバーウィジェットエリアに加え、投稿本文下投稿タイトル下へもウィジェットが追加できるようにしています。

  7. テキストエディタ用ボタン(クイックタグ)
  8. 【ha-Basic】テーマではテキストエディタでのみ使用できるクイックタグを用意しています。ボタンやリスト、囲みコンテンツ、Youtube動画の拡大表示&高速化などさまざまな機能がボタン1つで追加できます。詳しくは

    の表示例をご覧ください。

    ※現バージョンではビジュアルエディタ・Gutenbergエディタには対応していません

  9. 閲覧数の累積と人気記事を表示するウィジェット
  10. 非ログインユーザーがページを閲覧した数を計測するようにしています。アクセス解析系プラグインではデータベースへ無制限にデータが蓄積されるため高機能ではあるものの表示速度には難がありましたので、各投稿のカスタムフィールドへ数を格納し、表示ごとにその数を更新してデータの肥大化がおこならないように配慮しています。

    この機能により、管理画面の投稿一覧へ累計閲覧数が表示されます

    またこのアクセス数を元にした「人気記事」を表示するウィジェットの表示ができるようにしています。

    更に管理者権限を持つユーザーが投稿を表示したとき、日付の下に累計閲覧数が表示されるようにしました。

  11. 本文下に関連記事を表示
  12. 投稿本文下へ自動的に関連記事が表示されます。

    詳しく書かれていないテーマが多いですが、【ha-Basic】テーマでは同一カテゴリー内の記事をランダムに表示させるようにしています。

    ※より関連するものへ近づけるにはプラグイン等を使って解析機能をつけるのが望ましいですが、本当に必要な関連記事なら自身でリンクを張れば良い話ですから表示速度を最優先にすべく機能を軽くしています。

  13. 投稿・固定ページのメタデータを設定可能
  14. 最近のテーマでは当たり前となった独自カスタムフィールドによる「キーワード」「メタディスクリプション」項目を各投稿・各固定ページごとに設定できるようにしています。

    また、これらを投稿一覧・固定ページ一覧へ表示するようにしていますので、設定忘れなどに気づくことができます。

    ※今後これをクイック編集などで変えられるようにしていく予定ですが、現段階では実装していません。

  15. クイック編集で更新日を変更しない
  16. 投稿の編集方法として「クイック編集」という機能があります。タイトルやカテゴリーなどをちょっと変えたいときに便利な機能です。ただも問題はこれを使って編集すると投稿の「更新日」が追加されたり更新されたりしてしまうこと。古い情報なのに更新日が新しいのはちょっと問題ですよね?【ha-Basic】テーマではクイック編集時に更新日を変更(追加)しないようにあらかじめ設定してありますので、ちょこっとメンテナンス時には最適です。

    ※クイック編集時、一括での変更には対応していませんのでご注意ください。

  17. 投稿編集画面に更新日の更新可否を選択できます
  18. クイック編集時には更新日を更新しないようにしていますが、通常の投稿編集画面では選択式にしています。

  19. コメント欄表示できる固定ページテンプレートを用意
  20. サイトの作り方によっては固定ページにコメント欄を表示したいという機会があるかと思い、コメント欄を表示するテンプレートを用意しました。固定ページ編集画面のテンプレート切り替えで簡単にコメント表示を行うことができます。

    これも表示する/しないの条件分岐をしているテーマが多いですが、Wordpressの基本機能であるテンプレート切り替えを使うことで無駄な条件分岐を排除しています。

  21. 投稿本文下に定型文を挿入できる
  22. 本文下ウィジェットに入れたコンテンツはSNSシェアバーとタグ一覧の下へ追加されるため、投稿本文とは別のコンテンツのように見えることがあります。そこで本文の続きの文章(コンテンツ)として挿入できるエリアを設け、それほど変更することがないことからテーマファイル内に追記したコンテンツが表示されるようにしています。詳しくはこちらの記事をご覧ください。

  23. 可能な限りテーマ内ファイルとソースを簡素化
  24. テーマの中にはすごく複雑な構造のものもあり、カスタマイズするのにすごく大変だったり、あきらめたくなる時があります。この【ha-Basic】は可能な限りテーマ内のファイル数を少なくし、ソースの整形も分かりやすくしてありますので、カスタマイズベースとして最適なテーマだと思います。

  25. SNSシェアボタンを本文上下に表示
  26. 代表的な「Facebook」「Twitter」「はてブ」「LINE」「Pocket」のシェアボタンを本文の上下に表示するようにしています。

    また、SNSシェア数をキャッシュして高速表示するためのプラグイン

    をインストールして有効化後適切に設定することで「LINE」を除くSNSのシェア数が表示されるようにしています。
    ※SNS Count Cacheプラグインを有効にしない場合シェア数は表示されないようにしています(数字は不要、それよりも高速化したい場合にのみ使用してください)

【ha-Basic】テーマにないもの、未検証のもの

  1. テーマカスタマイザーはありません
  2. 通常配布されているテーマには「テーマカスタマイザー」と言って色だったり背景だったりといろいろなことを変更できるメニューが備わっています。

    【ha-Basic】テーマでは一度仕様が固まってしまったテーマではこれらを変更する機会が少ないことから、テーマカスタマイザーの設定呼び出し時間を短縮するために「テーマカスタマイザー」は設けておりません。

    色の変更はCSSで、ヘッダー画像などは直接テーマファイル内の指定フォルダに入れたものが適用されるように設計しています。

    カスタマイズベースとして配布しているテーマですから「テーマカスタマイザー」を多用する初心者の方でなければ特に不便に思うことはないと思います。

  3. プラグインとの相性は保証していません
  4. WordPressには機能を追加するたくさんの有料・無料プラグインがあります。【ha-Basic】テーマに限らずそれらすべてとの相性についてチェックすることはどんなテーマでもできないことを理解の上使用するようにしてください。

  5. SNSのシェア数をカウントする機能はありません
  6. 最近のテーマによく見られるSNSのシェア数。これを見て一喜一憂するのは恐らくサイト作者のみで、SNSのシェア数が多いからシェアしよう!と拡散する方は少ないでしょう。

    SNSのシェア数取得にはそれぞれのサービスで該当する(URLが含まれる)ものをすべて洗い出して表示する必要があるため、表示速度低下の大きな原因となります。また、これをキャッシュして高速化する有名なプラグインもありますが、そもそも私のように表示する必要性を感じないならそれも必要ありません。

テーマ変更時の注意事項

今までお使いになってきたテーマから変更される際にはいくつかの注意点があります。これは【ha-Basic】テーマへという時だけでなく、どのテーマへ変更される場合にも共通の事項になりますので参考にしてください。

  1. テーマ独自のメタ情報は使えない可能性があります
  2. 使用しているプラグインと競合する可能性があります

【ha-Basic】テーマのダウンロード

ここまでご覧いただき、このテーマを使ってみよう!という方は以下のリンクからダウンロードしてください(別タブでダウンロード用ページが開きます)

不具合の報告やカスタマイズ方法などお問い合わせ

基本的には自由にカスタマイズしていただけるベーステーマとして提供させていただいている【ha-Basic】テーマですが、いろいろな環境でも動作するようにしたいと考えておりますので、不具合等ありましたら

のフォーラムへ投稿をお願いします。

また、インストールした後の感想や使い勝手に関する意見などもお寄せいただければありがたいです。

※掲示板の投稿と回答にはユーザー登録が必要です