サイトで使用しているテーマやプラグインの紹介

当然のことではありますがこのサイトももちろんWordpressを使って作成・管理をしています。

このサイトを見ていただいて、「この部分ってどうやって表示してるの?」といった疑問が浮かぶかも知れません。

そこでここでは特に隠し立てする必要もありませんので、使用しているテーマやプラグインなどを紹介させていただきます。

※デザイン要素(CSS)や独自カスタマイズ部分があって同じプラグインやテーマを使っても同じ表現になることはほとんどありませんので参考程度にご覧ください。

当サイトで使用中のテーマ

WordPressのサイトであればソースを見るとどのテーマを使っているのか?のヒントは書かれています。このサイトは「momosiri-theme」というオリジナルのテーマを使っています。

とはいえ一からテーマ構築をしているわけではありません。無料テーマとしては超有名な【Simplicity2】というテーマを独自にカスタマイズして運営しています。

内部SEO施策済みのシンプルな無料Wordpressテーマを公開しています。初心者でも出来る限り分かりやすく使えるように作成しました。

私はこのテーマに出会って、それまでデザインや機能のカスタマイズで持っていた悩みが払拭されました。テーマの構造やデザイン要素を一から知りたい方にはおすすめのテーマです。

※Simplicity2にはテーマの専用フォーラムがありますが、当サイトの仕様はカスタマイズ部分が多くサポート対象となる事柄が多いためオリジナルのテーマ名とさせていただいております。

当サイトで使用中のプラグイン

サイトで使用しているプラグインの名前と特徴を簡単に紹介します。基本的には結構メジャーなプラグインなので、プラグイン名で検索すればすぐに見つかると思います。

※変更の度にメンテナンスするようにはしておりますが、足りないものや使用していないものも含まれる可能性があります

Classic Editor

カラフルボックス(レンタルサーバー)で自動インストールを使用するときオプション項目で自動更新するか否かの設定があるのですが、これをOnにしていたため勝手に自動でWordpressのバージョン5.0へアップデートされました。

特に動作に問題がなかったので安心しましたが、1点だけ、大きな更新としてエディタの変更がありました。

この新しいGutenBergエディタはテスト的に使ったことがあるだけで慣れていないので、このプラグインで旧来のエディタへ戻して使用しています。

Google Analytics Dashboard for WP (GADWP)

アクセス解析「Google Analytics」の情報をダッシュボードに表示させるためのプラグインです

どんな機能でも備わってしまいそうなWordpressのプラグイン。中でもサイトを作った成果が実感できるアクセス解析系のプラグインはみなさん必ず使っていると思います。「Google Analytics Dashboard」は少しでも負荷を減らすために外部にアクセス解析を任せて、結果だけを管理画面に表示するプラグインです。

HA Slick Plugin

トップページとサイドバーの画像スライダーを問題なく表示させるために作ったプラグインです。こちらは公式サイトでは配布されていません。

Shortcodes Ultimate

いろいろなコンテンツをショートコードで簡単に挿入できるプラグインです。htmlとCSSでいろいろやるのもいいですが、こちらの方が簡単なので重宝しています。

コンテンツの作成にとても便利な「Shortcode Ultimate」プラグインで作成できるコンテンツのうち、代表的なものの表示例をコピペで使えるようにしたコード使用例とともに紹介します

SNS Count Cache

言わずと知れたSNSのシェア数やフォロワー数をキャッシュ(一時保存)して表示を高速化するためのプラグインです。

Table of Contents Plus

超有名な「目次」の自動作成プラグインです。サイドバーの右下に追従表示しています。

VK Post Author Display

投稿の下に記事作者のプロフィールと過去記事の表示をしてくれるプラグインです。アバターでなく独自画像が使えるのがいいと思います。

W4 Post List

いろいろなリスト(投稿やカテゴリー)を簡単に作成できるプラグインです。ショートコードで挿入できるのでPHPを直接テーマへ記述しなくてもいいので便利です。

「W4 Post List」は全くコード知識なしで、様々な条件の組み合わせ、複数条件からの抽出を行ってリスト化し、ショートコードで任意の位置に一覧を表示できるプラグインです。

WordPress Ping Optimizer

あまり気にすることもないと思いますが、Wordpressでは公開時だけではなく更新時にもpingによる更新通知がされるようになっています。一括で記事の更新をした際サーバーの過負荷となったりするのを防ぐため、念のために入れてあります。

「WordPress Ping Optimizer」はこの重複ping送信を制限することのできるプラグインです。たくさんありそうなプラグインですが、Wordpressの公式サイトで検索しても同様の機能のものがない、唯一のプラグインではないかと思われます。

WP Multibyte Patch

XML Sitemap & Google News

検索エンジン向けのサイトマップを自動で更新してくれるプラグインです。有名な「Google XML Sitemaps」プラグインよりも確実に動作するのでこちらを使用しています。

トップへ戻る