【ha-Basic】更新日がある場合のみ日付を表示するように変更する方法

公開日: カスタマイズいろいろ

【スポンサーリンク】








この記事はに公開され、に最終更新されたもので、内容が古い可能性がありますのでご注意ください。

至って個人的な好みではありますが、【ha-Basic】の投稿は後から更新したか否かにかかわらず「公開日」と「更新日」の両方が表示されるようにしています。

配布されているテーマでよくあるアクションとして更新されている記事には「更新日」を表示して、それ以外は「公開日」を表示するというものが多い中、何で更新してないのに「更新日」を表示するの?と思われるかも知れません。

理由は・・

表示されるとかされないとかは作り手側から見たらいい仕様だけど、公開日と同じ日付であっても「更新日」を明示することでこの記事は公開したまま改編してませんよ!と訪問される方に伝えられると思うからです。

でもやっぱり公開日=更新日(正確にはデータ上に更新日が設定されていない場合)のときは更新日を非表示にしたいという方へのカスタマイズ方法を紹介します。

簡単に変更できますのでご自身でカスタマイズをお願いします。

更新日がある場合のみ日付を表示するように変更する方法

管理画面から「外観」→「テーマの編集」を開きます

右側のリンクの中から「single.php」を開きます

13行目あたりにある

<!–更新日を取得–>
<span>更新日:</span><time class="update date" datetime="<?php echo get_the_date( 'Y-m-d' ); ?>"><?php the_modified_date(); ?></time>
という記述を
<!–更新日を取得–>
<?php if(get_the_time('Y/m/d') != get_the_modified_date('Y/m/d')):?>
<span>更新日:</span><time class="update date" datetime="<?php echo get_the_date( 'Y-m-d' ); ?>"><?php the_modified_date(); ?></time>
<?php endif;?>
へ変更します。

え?たったこれだけ?そう!たったこれだけです(笑)。

これには条件分岐というのを使っています。「もしも〇〇なら」というプログラムです。テーマ編集ではよくある風景ですのでこれを機会に覚えておくのもいいかも知れません。


いつでもご相談・お見積りの依頼を受け付けています

Wordpressのカスタマイズ、不具合解消のご相談はすべてココナラのダイレクトメッセージからお受けしております。まずはこちらのバナーからお気軽にお問い合わせください。

※一度もココナラを使ったことがない方はココナラへの無料登録が必要です。こちらから登録後、上のリンクをクリックする、またはココナラトップページから「ひまあーと」を検索してお問い合わせください。