サイトの常時SSL化をさせていただきました

最近この案件が多いです。普通に稼働しているサイトで無料独自SSLが使えるサーバーであれば大抵のサイトでは対応可能なので、私としてはありがたい依頼になりつつあります。

今回のお客様はエックスサーバー。他の案件でも環境を伺うとエックスサーバーの方が多いので本当に人気あるんだなぁと実感します。

※私はカラフルボックス派?です

そしてSSL化の案件で多いのが、途中でどうしたらいいのか不安になっての依頼と思われる方。今回の方もSSL証明書のみ適用された状態でした(それとも最近はMixhostやカラフルボックスのようにドメインを追加すると自動で割り当てになってるのでしょうか??)

作業自体は手慣れたものなので何も問題なく終了しました。

この方は別のサーバーでもサイトを持ってらっしゃるようで、私の対応を気に入っていただけたらしく、そのうち?そのサイトもエックスサーバーの中へ移転したい、その際には私に依頼したいとありがたいお言葉をいただきました。

SSL化後はこれが難しい判断・・・

SSL化する過程で内部リンクと内部画像のURLをSSLに一括で書き換えるのですが、それでもSSL通信にならない場合があるんです。

それは外部の画像や動画などをリンク挿入している場合や外部サービスで非SSL通信のパーツなどを挿入している場合。

これも1つ1つテストしていけばいいのですが、どこに挿入されているかもわかりませんので私の方では対応しないようにしています。

その変わりにアップグレードタグを使ってSSL通信を優先する(非SSLのリンク挿入物のURLを強制的にSSLで読み取りにいくようにする)というのをサービスで行っています。このタグを使うことでいちいち記事を検査しなくても自動でSSL通信にしてくれるので便利ですよ。

一応タグの解説と設置方法については

設定していないとアドレスバー「安全ではありません」などと表示されてしまうのでSSL化にチャレンジしてみたものの、何をどうしても「保護された通信」にならない・・・そんなときに使える最終手段!?を紹介します。

で紹介してますのでよかったら参考にしてみてくださいね。

ただこの方法は1つ問題があります。それはSSLで通信してみて結果がノーだった場合。その場所だけ空白になってしまうんです。CSSで言えばvisibility:hiddenの状態。その場所が埋められることなく空白になるんですね。

ですから最終的にお客様にはこのことを説明してタグを設置するかどうかの確認だけさせていただきご希望であればサービスで挿入させていただいています。

もちろんこのタグを使えば別に内部リンクなどをhttpsに変更する必要もなくなるのですが・・・そこはきちんと作業させていただいておりますのでご安心ください。

作業後にいただいた評価

ココナラは作業後に対応に対する感想や評価をいただくようになっています(任意)。こちらは実際にいただいたコメントです。

お客様からいただいた声
★★★★★
当初の予定通りにSSL化を対応くださり、また事前の説明も非常に丁寧かつ詳しくしていただきました。安心してお任せすることができとてもよかったです。次回は、サイトのお引越しについて依頼させていただければ幸いです。

この記事を書いた人

ひまあーと(管理人)
ひまあーと(管理人)
 白黒ハチワレ猫の【モモ】とのんびり暮らしながらフリーランスでサイト制作のお手伝いをしています

ブログツールでありながら本格的なウェブサイトに必要な機能を追加できるWordpressの良さを活かした楽しく便利なサイト作りのお手伝いをさせていただいております
トップへ戻る