【ha-Basic】テーマ バージョン4.0リリース

公開日: 更新情報
【ha-Basic】テーマ バージョン4.0リリース

【シンプルで使いやすいWordpress用無料テーマ【ha-Basic】を更新しました。

主に使い勝手の向上、ちょっとした便利機能の追加、多言語対応中心の更新になります。具体的な更新内容は以下の通りです。

  1. コメントスパム対策に簡易ハニーポット機能追加
  2. function系コード体系の見直し(処理の高速化)
  3. WordPress5.8で追加されるブロック形式のウィジェットを使わない選択肢を追加
  4. 広告の誤クリック防止(ログインユーザーがクリックできないようにする)機能追加
  5. 投稿編集画面上で再利用ブロックの編集ができないようにする機能追加
  6. 多言語対応部分の調整、翻訳の見直し
  7. モバイル時全幅テンプレートのCSS修正
  8. アイキャッチ画像の出力形式を変更
  9. CSSの軽微な修正(主にCLS対応)
  10. ブロックデザインのコード体系を修正
  11. サイドバーの追従式ウィジェット(簡易)機能を追加
  12. 画面下部追従コンテンツ機能を追加(β機能)

【ha-Basic】テーマのダウンロード

2021年8月7日 バージョン4.2へ更新しました

【ha-Basic】の最新バージョン(4.2)は以下のボタンから入手いただけます。

ファイル管理の都合上、配布ページのドメインが本サイトのドメインと異なりますが、私「ひまあーと」が管理・編集しているメインサイト「Knowledge Base」のドメイン配下のサブサイトですので、ご安心ください。

本テーマはセキュリティ上の観点などから、アーカイブバージョン(旧バージョン)のファイル提供を行っておりません。旧バージョン用の更新情報ページについても、常に最新バージョンのみダウンロードいただけるようにしています。

更新の詳細情報

コメントスパム対策に簡易ハニーポット機能追加

機械的な処理による迷惑コメントを防止する機能として簡易ハニーポット機能を追加しました。

ハニーポットに引っかかったコメントは、スパムコメント一覧へ移動されますので、本当に不要かどうかを判断して削除または正常なコメントへの移動ができます。

「その他の設定」から有効/無効化できます(デフォルトは無効になっています)

function系コード体系の見直し(処理の高速化)

ユーザー定義関数(本テーマでのみ使用する関数)のコード見直しを行いました。これにより、処理がよりスムーズになり、サーバー負荷を軽減し、表示速度が改善されました。

WordPress5.8で追加されるブロック形式のウィジェットを使わない選択肢を追加

WordPress5.8(2021年7月リリース)で新たに採用される、ブロック形式でのウィジェットエリア管理及びウィジェット編集機能を停止し、5.7.2以前の編集方法を維持できるようにしました。

「その他設定」より有効化できます(デフォルトは無効になっています)

広告の誤クリック防止(ログインユーザーがクリックできないようにする)機能追加

ログインしているユーザーがGoogle Adsense 自動広告をクリックできないようにします。

また、以下のタグで広告その他の任意コンテンツを囲むことで、ログインユーザーがクリックできないようにします。

<div class="koukoku">
クリックを防止したいコンテンツの内容
</div>

これにより、管理者や他のユーザーによる誤クリックを防止することができます。

「その他設定」より有効化できます(デフォルトは無効になっています)

投稿編集画面上で再利用ブロックの編集ができないようにする機能追加

投稿や固定ページの編集画面で、挿入した再利用ブロックの編集ができないようにします。これにより、他のユーザーや管理者が誤って再利用ブロックを変えてしまう不都合を解消できます。

「エディタ設定」より有効化できます(デフォルトは無効になっています)

本機能を使うと、再利用ブロックの編集は再利用ブロックの一覧から選択して編集することになりますので、既に実装されている「再利用ブロックメニューの表示」を有効にして管理画面メニューへ一覧へのショートカットリンクを表示させると利便性が向上します。
※「再利用ブロックメニューの表示」は「ログイン画面・管理画面」メニューから有効化できます。

多言語対応部分の調整、翻訳の見直し

ソース上で日本語のままになっている部分(翻訳対象となっていない部分)を翻訳対応させるようにしました。具体的な変更内容は以下の通りです。

  • schema.orgで英文で記号を用いた場合の不具合を解消しました
  • 表示画面へ出力する文字列のうち、日本語のみだった部分を多言語対応しました
  • 管理画面の文字列のうち、数か所日本語のみだった部分を多言語対応しました

これに伴い、日本語「.pot」「.po」「.mo」ファイルの再生成と編集を行いました。

アイキャッチ画像の出力形式を変更

これまで、アイキャッチ画像として設定されている画像に対して、あらかじめ決まったサイズの画像として出力及び画像の拡大縮小調整を行っていましたが、アイキャッチ画像として指定した画像の実寸を取得して出力する方式へ変更しました。

これにより、横長の画像、縦長の画像に対して縦横比を変えることなく表示できるようになりました。

ブロックデザインのコード体系を修正

多言語対応に伴い、段落やリストタグに対する独自デザイン切り替え機能のコードを見直しました。

なお、コードの変更で従来の機能や仕様に変更はありません。

サイドバーの追従式ウィジェット(簡易)機能を追加

CSSを使い、サイドバーウィジェットエリア内の最下部にあるウィジェットを本文の高さに合わせて追従(本文がある限りサイドバー上にずっと表示される)させる機能を追加しました。

「表示設定」の「サイドバー固定ウィジェット」で有効化できます

画面下部追従コンテンツ機能を追加(β機能)

ある程度のページスクロール量で自動で表示させ、ページ最下部付近で非表示になるコンテンツを表示させることができるようになる機能です。また、「×」ボタンをクリックすることで訪問者が任意に非表示にできるようにしています。

以下のように動作設定ができるようにしています

  • 本機能を使うかどうかの設定(使わない場合には余分なコードは出力されません)
  • パソコンで表示させるようにするか
  • モバイルで表示させるようにするか
  • パソコン表示時のコンテンツ内容(HTML使用可)
  • モバイル表示時のコンテンツ内容(HTML使用可)

「下部固定表示コンテンツ」から有効化、パソコン・モバイル時の表示/非表示およびコンテンツ内容の指定ができます。

本機能については、デザイン面でもう少し調整すべきと考えていますので、β機能として実装させています。動作については今後仕様を変更する可能性は低いので、お使いいただいても支障はないでしょう。

サイトへの支援をお願いします

サイトへお越しいただきありがとうございました。
テーマを無料で提供し続けることができるよう、投げ銭によるサイトへの支援、およびSNSによる拡散をお願いします

  •  白黒ハチワレ猫の【モモ】とのんびり暮らしながらフリーランスでサイト制作のお手伝いをしています。
    ブログツールでありながら本格的なウェブサイトに必要な機能を追加できるWordpressの良さを活かした楽しく便利なサイト作りのお手伝いをさせていただいております

QR Code

このページはモバイル端末でもご覧いただけます

左のQRコードを読み取っていただくと、このページのURLが表示され、簡単にアクセスできます。ぜひモバイル端末でもご覧ください。

WordPressのカスタマイズ・不具合対応などご相談ください

Wordpressのカスタマイズ、不具合解消のご相談はすべてココナラのダイレクトメッセージからお受けしております。まずはこちらのバナーからお気軽にお問い合わせください。