ココナラの『見積もり』機能が使いやすくなりました

今まで一応受付はしていたものの、私のようにサイトカスタマイズのような案件では結局ダイレクトメッセージをたくさんやり取りしないと購入or見送りの判断ができてなかったため「何だ結局つかえないじゃん」と思ってた見積もり・カスタマイズの依頼機能。

そもそもサイト作りの中で分からないことを代行してもらうためなんだから、一読して私が「そういうことね」と理解できるような依頼は少ないんです。「え?どういうこと?」から始まって、いろいろとやり取りしてるうちに本当に困ってることが分かって・・・という流れがほとんどですし、もしも一読して理解できる内容だったらその人自身ができてしまうでしょ!とも思えます。

それよりも見積もり機能で最大の難点だったのは相手が思ってる対応料(予算)が把握できなかったことでした。

さんざん仕様を伺った上で最終的に〇〇円程度で承りますって書いた途端に相手から「検討します」ってのが多くて、ほとほと疲れ果て、最近ではいきなり金額提示からスタートしてかなり素っ気ない対応になってました(笑)。

それが今回の改良によって相手がどの位の金額でやってほしいのかがあらかじめ書かれるようになり、対応を辞退できるようにもなったので相当交渉がしやすくなったと思います。

人間ってマネーが絡まないと結構自由に?結構言いたい放題?に要望書いてくるんですよ、これが(体験者語るですけど)。

それが見積もり依頼時に予算が入るようになったら・・・途端にまじめに?理路整然と?要望が書かれてくるようになりました。

たまたま最近依頼いただく方がしっかりした方なのかも知れないですけど、本当にやりやすくなりました。

この記事を書いた人

ひまあーと(管理人)
ひまあーと(管理人)
 白黒ハチワレ猫の【モモ】とのんびり暮らしながらフリーランスでサイト制作のお手伝いをしています

ブログツールでありながら本格的なウェブサイトに必要な機能を追加できるWordpressの良さを活かした楽しく便利なサイト作りのお手伝いをさせていただいております
トップへ戻る